米運輸省、三菱自燃費不正に「強い懸念」 独自に情報収集開始

【シリコンバレー=小川義也】米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)のマーク・ローズカインド局長は27日、三菱自動車が不正に燃費データを改ざんしていた問題について「フォルクスワーゲン(VW)に続く問題だけに、強い懸念を抱いている」と話した。NHTSAとして独自に情報収集を始めていることも明らかにした…この記事の続きを読む

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *