いつか、うつくしくなる今へ 〜「死んでも良い」をくれた理由〜(2)


他人と違うことが怖かった幼少期 昭和四十三年九月、私は大阪府大阪市の谷町というところで生まれました。 お寺や神社があちこちにあり、大阪の繁華街のすぐそばにありながらも長屋風の家が立ち並ぶといった、どこか懐かしい街並みでした。 当時、私の家は印刷業の小さな町工場を営んでいました。父親と母親に加え、父方の祖父母が同居していました。 家から歩いてすぐの距離には松屋町という大阪最大の玩具問屋街があり、何か…この記事の続きを読む

サイト名: STORYS.JP

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *