パナマ文書、楽天・三木谷会長の名も 「全くやましいところはない」

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)に参加する共同通信のパナマ文書分析で8日、インターネット通販大手楽天の三木谷浩史会長兼社長がタックスヘイブン(租税回避地)法人の株主となっていたことが分かった。 ICIJは日本時間10日午前3時にホームページで文書の一部情報を公表する。多くの目でチェックして…この記事の続きを読む

サイト名: SankeiBiz

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *