経済分野「TPP・税制」対立軸に 財政健全化など論戦期待

22日公示された参院選は安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」継続の是非が大きな争点だ。少子高齢化が進む中、持続的な成長や安定的な社会保障制度の実現、財政健全化の道筋をどう示せるかが問われている。アベノミクスの大きな柱に位置付けられる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)などをめぐり、激しい論戦が予想…この記事の続きを読む

サイト名: 産経ニュース

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *