ソフトバンク:カリスマ経営者の交代 難しさ浮き彫りに


ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ副社長の電撃退任は、カリスマ経営者の強いリーダーシップで成長した企業のトップ交代と後継者育成の難しさを改めて浮き彫りにした。 「米シリコンバレーでは60歳は化石のような年寄り。年齢や体力が成長の妨げになってはいけないと思った」。孫正義社長は22日の株主総会で「…この記事の続きを読む

サイト名: 毎日jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *