2016 年度 Imagine Cup 世界大会 ファイナリストチームのご紹介


  Posted by  伊藤 かつら 執行役 デベロッパー エバンジェリズム統括本部長   皆さん、こんにちは。デベロッパー エバンジェリズム統括本部の伊藤です。 2016年7月29日に行われる 世界最大の学生向けITコンテスト、Imagine Cup2016世界大会進出チームがいよいよ発表されました。今年4月23日に行われた日本大会では、Game 部門賞をMon Lapin チーム(トライデントコンピュータ専門学校)が、Innovation 部門賞をBiomachine Industrial チーム(筑波大学)が、World Citizenship 部門賞をThe Boatmen チーム(鳥羽商船高等専門学校)がそれぞれ受賞しました。そして、Imagine Cup2016世界大会へはその中から、Biomachine Industrial チーム(筑波大学)が選出され、出場することが発表されました。 マイクロソフトは長きに渡り、継続的に学生の皆様がアイデアを形にし、イノベーションを起こすことを様々な形で推進してきました。このような活動にはMicrosoft Imagineの総称のもと、学生や教員の皆様にオンラインラーニングを提供するImagine AccessやMicrosoft Virtual Academy、学生による技術啓蒙活動を推進するMicrosoft Student Partners、ソフトウェア支援のDreamSparkなど多様なプログラムがあります。そしてこの学生ITコンテストのImagine Cupは、その中で最も象徴的なもので、今回で14回目を迎えます。ICTの利活用や高度教育の必要性が教育現場で叫ばれる日本において、私たちのMicrosoft Imagineの活動はその一助となれると信じ、引き続き積極的に展開してまいります。 今年4月に行われたImagine Cup2016日本予選大会においても、集まった作品のレベルはいずれも高く、出場者も熱意にあふれ、学生によるイノベーションを掲げるのにふさわしい大会となりました。部門賞に輝いたチームはもとより、それ以外のチームからも多くの可能性あふれるソリューションが集まりました。それらのチームを代表して世界大会に出場するBionic Scope(筑波大学)チームには是非世界でもご活躍…この記事の続きを読む

サイト名: The Official Microsoft Japan Blog

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *