ソニー復活へロボット再参入、新たな収益柱に 「事業領域の多様さが強み」


ソニーの平井一夫社長は29日の経営方針説明会で、人工知能(AI)を活用したロボットの開発に着手したことを明らかにした。同社は2006年に犬型ロボット「AIBO(アイボ)」の生産を終了したが、AI技術による高性能ロボットの実用化を目指し再参入する。また、ゲーム機用に開発した仮想現実(VR)技術を産業分…この記事の続きを読む

サイト名: SankeiBiz - メーカー

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *