中国の電位商取引最大手・アリババのマー会長曰く、「模造品の多くは正規品よりも優れている」

中国の電子商取引サイト最大手「淘宝網(タオバオ)」などを傘下に持つ阿里巴巴集団(アリババグループ)のジャック・マー会長が、「模造品の多くは正規品よりも優れている」と述べたという(RecordChina、JBPress、
タオバオでは多くの模造品が販売されていることが問題視されているが、マー会長は6月14日に開催した投資家向け説明会で「中国製の模造品は正規品以上の高品質で価格は本物より安い」といった旨の発言を行ったという。
いっぽう、マー社長は6月22日にウォール・ストリート・ジャーナル紙jへの寄稿で「偽造品は絶対に受け入れられない」と明言しているという(Forbes)。ただ、中国の文化や慣習、法律的不備のため、中国企業による模造品の製造販売は簡単には駆逐できないようだ。 すべて読む | YROセクション | YRO | 海賊行為 | 著作権 | 関連ストーリー: 「模倣大国」からイノベーションの拠点に変わりつつある中国 2016年01月08日 Xiaomiが低価格のスマートフォンを発売できる理由 2015年01月21日 中国・シャオミの空気清浄機は日本メーカー・バルミューダのコピー製品? 2014年12月24日 中国はオーストリアの世界遺産村をコピーしていた 2012年06月07日 中国製 iPad 模倣商品、アップルの基準に満たない IPS パネルを使用 2011年07月06日…この記事の続きを読む

サイト名: スラド

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *