ノーベル賞の天野教授が三重大で 800人参加 /三重


青色発光ダイオード(LED)の開発で2014年にノーベル物理学賞を受賞した名古屋大の天野浩教授(55)が9日、三重大で講演した。天野さんは学生ら約800人に「次のイノベーションのために一緒に頑張りましょう」と呼びかけた。 少年時代は物理は嫌いだったという天野さんは、名大進学後に「学問は人のためにする…この記事の続きを読む

サイト名: 毎日新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *