31歳で社会人デビュー→離婚 『家族無計画』の紫原明子さんが見つけた(仮)の生きかた


高校卒業後すぐに起業家の家入一真さんと結婚。2人の子に恵まれるも、夫の浮気と豪遊、失踪に振り回され続けた20代。最終学歴は専門学校中退、社会人経験ゼロ、かつ二児の母という不利なカードしか手許になかった紫原明子(しはら・あきこ)さんは、どうやって31歳で社会人デビューを果たしたのか? 
30歳を過ぎて始めたイチかバチかの求職活動と、離婚をスムーズにソフトランディングさせるまでの道のりとは? 前編に続いて、新刊『家族無計画』で提案する「(仮)の生きかた」について聞いた。
【関連記事】18歳で結婚、19歳で母に。『家族無計画』の紫原明子さんが抱いていた「何者か」になることへの焦燥
■「マリー・アントワネット」だった時代
――第一子妊娠中に家入さんが起業、その2年後には事業の成功によって億単位の大金が20代夫婦の家庭に入ってきます。やがて第二子も誕生。IT業界の若き成功者である夫と2人の子供との贅沢な生活は、誰の目から見ても羨まれる幸福な家庭だったのでは?
私は父がサラリーマンだったので、博打を打ったりせず、とにかく堅実が一番だと思ってました。起業=失敗して借金を背負う、というイメージしかなかったから、夫も成功しないだろうと思っていました。でも、それならそれで、私もパートをしたり、実家に居候したりして生きていけるか、と案外楽観的でもありました。それが意外にも成功してしまったんです。だから結婚してからは、ずっと知らない世界が続いていた感じです。
でも家計は全部夫が握っていたので、私にはそれほど実感はなかったです。億単位のお金が入ってきたといっても、札束を目にしたわけでもなかったし。ただ、買いたいものや、どんな家に住めるかという選択の幅は広がりました。
――そのお金で欲しいものや、やりたいことはなかった?
そのときは授乳中でお酒も飲めないし、有名どころの高級ブランドにも興味がなかったから、大金を使いまくる機会がそもそもなくて。インテリアは好きだったので、ちょっといい家具を買ったり、外国に旅行に行ったり、そういう感じでお金を使うことはありました。特別節約している気持ちもないけど、特別贅沢しているとも思わない……私は、環境の変化をものすごくスムーズに受け入てしまうたちでして、すぐにそんな暮らしにも慣れました。
ただ、ろくに仕事をしたこともないのに不自由のない暮ら…この記事の続きを読む

サイト名: The Huffington Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *