メディカル・データ・ビジョンは上場来高値更新の展開、ビッグデータ関連の中期成長力を評価

メディカル・データ・ビジョン<3902>(東マ)は医療分野のビッグデータ関連ビジネスを展開している。大規模診療データベースは16年8月末現在の患者数が1557万人で、国民の約8人に1人に相当する規模となった。16年12月期増収増益予想で中期的にも一段の収益拡大が期待される。株価は上場来高値更新の展開だ。ビッグデータ関連の中期成長力を評価する流れに変化はなく、目先的な過熱感を冷ますための自律調整を交えながら上値を追う展開だろう。■医療情報のネットワーク化を推進 医療情報のネッ…..この記事の続きを読む

サイト名: 日本インタビュ新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *