「副業解禁・再入社容認…年功、評価に値せず」 青野慶久氏


――社員の離職率が高まったのを機に、副業の自由化や週3日勤務、一度退社しても再入社できる制度など多様な働き方ができる人事制度を取り入れました。 「一つの会社の中で朝から晩まで長時間労働をしている社員がイノベーションを生み出せるだろうか。とくに(サイボウズのような)ソフト産業は人が価値を創り出す産業だ…この記事の続きを読む

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *