米ヤフー、ベライゾンへの主力事業売却遅れる見通し

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ヤフーが5億人分にのぼる個人情報の大量流出を22日に発表したことを受け、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションへ主力事業の売却が遅れる見通しが強まっている。両社は7月末に約5千億円での売却に合意し、来年3月末までに手続きを終える予定だった。大量流出で企業価値が毀損し…この記事の続きを読む

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *