個人の感覚特性を脳情報から測定するウエアラブル(CEATEC JAPAN 2016)


生理学研究所、東海光学、ミユキ技研は、個人の感覚特性を脳情報から取得するウエアラブル型の「視覚評価用脳波計システム」を共同で設計開発した。内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)における研究開発プログラム「脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現」の一環として開発したもの。 視覚評価用脳波計システムは、微妙な見え方の好みなど従来では言葉……この記事の続きを読む

サイト名: 日経デジタルヘルス

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *