医学生理学賞 大隅良典さん「オートファジー」研究軌跡 人がやらぬこと、地道に

細胞内でたんぱく質を分解し、リサイクルする「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明した大隅良典・東京工業大栄誉教授(71)が今年のノーベル医学生理学賞に決まった。単細胞生物から高等動物までが備える、生物の基本的な生存戦略を解き明かした研究の軌跡や展望を聞いた。【聞き手は鯨岡秀紀・科学環境部長】 …この記事の続きを読む

サイト名: 毎日新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *