天井5メートルの「新IoTオフィス」に驚愕! コミュニケーションを最重視する「and factory」が社名に込めた思い


2014年6月に渋谷区神宮前で創業されたばかりのand factory(アンドファクトリー)株式会社が、早くも事業拡張を見越した移転を発表した。10月17日にオープンした新オフィスは広さ100坪超。天井高は5メートルで、壁に投影される300インチの巨大プロジェクター画面が度肝を抜く。 目黒区青葉台の緑地に面した高台にあり、1階にもかかわらず大きな窓から明るい眺めが広がる。同社はこの場所で新たな「オフィスのIoT」の実証実験を行っており、手始めにソニーの人感センサー「MESH(メッシュ)」とフィリップスの照明システム「Philips Hue(ヒュー)」をGoogleカレンダーと組み合わせた会議室管理システムを導入している。 スマホを軸に多彩な人材で「専門性の高い事業」を展開 代表取締役CEOの小原崇幹(おはら・たかまさ)氏は、1984年生まれの32歳。20歳で起業後、さまざまな仕事を通じて出会った優秀な人材に声をかけながら会社の形をつくり、2014年10月から本格的な事業を稼働したというユニークな経歴を持つ。 今年8月に福岡でオープンした最新型IoT体験型宿泊施設「&AND HOSTEL(アンド・ホステル)」のアイデアも、不動産免許を持った建築士と、アプリを内製できるエンジニアとの出会いから実現した。多彩なスタッフは、偶然集まったのではない。小原氏には「スマートフォン・アイデア・カンパニー」というビジョンがあった。 「初代iPhoneが米国で発売された衝撃(2007年6月)は忘れられないですね。以来10年間、スマートフォンを軸にアプリやメディア、不動産など専門性の高い事業を横断し、新しい価値を創る事業を展開してきました」 間仕切りのない広々としたオフィスには、スタッフがわずか32名。贅沢すぎる空間には、すでに新しいスタッフを待つデスクやチェアも準備されている。会社が採用にあたってスキル以上に重視するのは「カルチャー・フィット」だ。高い専門性以上に、他のスタッフとコミュニケーションを取りながら仕事ができる人を求める。 役割分担が明確な組織では責任がはっきりする一方で、自分の仕事以外に口を出さないことが暗黙の了解になりがちだ。しかし立場によって、意見の優劣が決まるわけではない。and factoryではこれまでも、スタッフ間の会話から新しいものを生んで…この記事の続きを読む

サイト名: キャリコネニュース

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *