スタートアップするなら馬田さんのスライドを読もう【予備軍編】

馬田隆明さんをご存知でしょうか。知ってるよね。

日本マイクロソフトベンチャーズを経て、東京大学本郷テックガレージでディレクターを務めていらっしゃいます。もしあなたがサービスや事業をはじめようとしているなら、馬田さんのスライドシェアを読むことをおすすめします。つっても40ファイルくらいあるのよ…すごい。

フェーズごとにまとめてみようと思います。今日はスタートアップ予備軍のみなさまに贈る「予備軍編」です。アイデアを考える前や考えるときにおすすめの4スライドです。必読。

1、創業前:「スタートアップを始める前に」

スタートアップをはじめたくてうずうずするときに読みたいスライド。人生の流れの中でのスタートアップの捉え方、覚悟を固めていく過程がひとつひとつ語られます。「なぜスタートアップを始めないほうがよいのか」という観点から書かれているので自分を見つめ直すことができます。

おしん記者
起業の世界の現実を伝え「スタートアップマニア」に贈るスライドとなっています。これでも起業したいのかを自分に問いたくなる内容です。

2、アイデア:「あなたのスタートアップのアイデアの育てかた」

創業アイデアを考えるとき、自分のアイデアに疑問を持ったとき読みたいスライド。Y Combinator のメソッドを中心に紹介されています。多くのスタートアップを育てたY Combinator が考える「よいアイデアとは何か」という観点から書かれており、具体的に考えるヒントがたくさんあります。

おしん記者
特にピボットについてはよくある「ピボットしまくり症候群」に対する警鐘が。“多くの素晴らしいスタートアップは、最初から素晴らしいアイデアを持ち、ピボットしていない (Sam Altman)。ピボットして成功した企業は例外的である(からこそ目立つ)。ピボットして成功するケースは、そのほとんどが、創業者たち自身が欲しいものにピボットした時であり、決してランダムに発生したアイデアにピボットした時ではない。”

戦略:「スタートアップの戦略&ビジネスモデルの考え方」

アイデアを考えてそれを戦略に落とす参考になるツールセットと考え方について書かれています。バリューチェーンやキャンパスなどのフレームワークを使えば、思考の整理がついてアイデアの質があがるはず。

おしん記者
意外とviewが伸びていないスライドですが、フレームにはめてみて思考することで整理がつきやすくなり、深夜のマクドナルドでぐるぐるしている方におすすめ(あるある)

ピッチする:「スタートアップの 3 分ピッチテンプレート」

Y Combinator 風の3分ピッチテンプレートだそう。考えすぎてよくわかんなくなったときに整理するのにもおすすめ。7項目にしたがって考えていくとスムーズに自分のアイデアをまとめ、伝えることができます。

おしん記者
わたしがもっとも多くの予備軍のみなさまに紹介しているかもしれないスライドシェア。「話は短くするに限る。長い話で面白いものは何ひとつとしてない。」byセルバンデス

零細編集部から

こういう方が文化を作っていくんだなぁ…と、とっても尊敬する(勝手に)馬田さんのスライドをご紹介しました。スタートアップカフェでご紹介することが多いスライド。一度お話ししてみたい方のお一人です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *