Googleなどから多額の資金提供を受けたベンチャー「Magic Leap」のMR製品の開発が数年単位で目標から遅延している可能性


現実世界と仮想世界を融合させた世界を作り出す「MR(Mixed Reality)」における技術力の高さから、製品についての情報をほとんど出していないにもかかわらず、GoogleやBaidu、アンドリーセン・ホロウィッツなどから多額の資金を集めた謎のベンチャー企業「Magic Leap」が、従来の目標から数年というレベルの開発遅延を起こしているのではないか、という指摘が挙がっています。続きを読む……この記事の続きを読む

サイト名: GIGAZINE

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *