最短は8枚!Airbnb、YouTube…4億$調達、16スタートアップの生スライドが見れる「Startup Pitch Decks」

あのサービスが資金調達をしたスライドってみれないのかな…と思ったりしますが、そんなときに便利なサービス「Startup Pitch Decks」1年くらい前からいろんな人がとりあげているものの、意外と知られてない。ってことで紹介してみましょう。

どのピッチも20枚以内で構成されており、ピッチに迷ったときなどに便利なサービスです!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
たった16枚のスライドで1億ドル…夢があるぜ…

操作は気になるロゴポチーだけなので、趣向を変えて、ピッチのスライドの少なさランキングでお送りします。

第1位:INTERCOM 調達額 $600K

最短は8P。チャット系顧客管理「INTERCOM」によるもの。7分位で終わっちゃうかもね。

おしん記者
ほぼ箇条書き。ページも少ないながらマーケットのページは2行ww。エレベーターピッチのお手本ですな。

第2位:TINDER 調達額 Unkown

第2位は10P。デーティングの「TINDER」です。

おしん記者
某役所とかだと「はじめに」で終わっちゃう枚数ですね。画面イメージもありこの枚数。

第3位:VETTERY 調達額 9M$

第2位は11P。JobBoard系の「VETTERY」です。

slide-1-1024

なんかこちらは直接貼られてるので直接どうぞ。

おしん記者
シリーズAラウンド9M=9億調達ですから、1枚あたり1億円…高級絵画並。

ちょっとおもしろいまとめ

とまあ、1枚1枚は皆さんに見ていただくとして。一番面白いのはこれかもしれない…ちょっと軽く翻訳。

■ ラウンドあたり調達金額
平均シードラウンド:$ 1.1M(1.2億円)
平均シリーズAラウンド:$ 6.7M(7億円)
平均シリーズBラウンド:$ 31M(30億円超)

■ スライド枚数
デッキあたりの平均ページ数:21.6
シードの平均ページ数:13.6
シリーズAの平均ページ数:23.6

■ その他情報
1ラウンドあたりの平均投資人数:4.7
ラウンドがあとになるほど多くのページを持つ傾向
最近の取引は、大きくなる傾向

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

こういう軽いファインディングがとてもいいぜ…

編集後記

シードの平均ページ数:13.6P。平均シードラウンド:$ 1.1M(1.2億円)。思いが詰まるほど長くなりがちなピッチですが1P1000万と思えば削りに削って入魂できるかも。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *