初めてのスタートアップ起業「どうやったらいいの?」を無償で提供するReality Program

アイデアを形にするにはどうしたらいいか。 今日は、初めてのスタートアップ起業「どうやったらいいの?」を解決するプログラムを提供するスタートアップのインタビューです。メディア「Turn Your Ideas Into Reality.」を運営する株式会社Otsumuの郡さんに話を聞いてきました。 <郡さんの略歴>  大学の同期が作ったWEBコンサル/マーケ/開発の受託会社で主に新規事業の企画と開発ディレクション(&開発)、その後中国企業子会社のソーシャルゲーム・プラットフォームのプロダクトマネージャーになり、ゲーム会社でゲームのプロデュースをした後にOtsumu株式会社を創業。2016年に買収された某スタートアップでは開発チームの組成から買収されるまでガッツリ手伝ったとのこと。 目次アイデアを実現する会社を作る「人無い、プロダクト無い、カネ無い」スタートアップ/チームを対象卒業生を輩出しながら、大手とのアクセラレータも編集後記 アイデアを実現する会社を作る 郡さんが創業した「Otsumu」は法人向けにはWEBやアプリの受託開発や新規事業コンサルティング、海外企業さんの日本進出サポート。個人向けにはアプリやWEBサービスを提供。 「人無い、プロダクト無い、カネ無い」スタートアップ/チームを対象 「Reality Program」はY-combinatorライクなプログラム 卒業生を輩出しながら、大手とのアクセラレータも 10社のサービス化実績、数社の投資実績も出ており楽しみなポートフォリオになっている。 編集後記 『起業家による、起業家のためのプログラム』と語る郡さん。スタートアップ前から伴走してくれる心強いお兄さんという感じの人柄もとっても素敵でした。(アイコンのせいで飲み屋の対談のようですが) スタートアップタイムズでも郡さんのようなスタートアップを支援している方の取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。