県が当初予算案を公表

大澤正明知事は7日、2017年度当初予算案を発表した。主要事業では、コンベンション施設整備事業へ13億4003万6000円を計上したほか、債務負担行為に279億6730万円の限度額を設定し、総額293億円で事業を進める。17年12月ごろの工事着手を予定しており、20年春の完成を目指す。建築関連では、富岡・甘楽地区と吾妻地区の新高校整備に工事費を計上した。富岡・甘楽地区に建設する富岡高校へ事業費11億6070万3000円、吾妻地区では2月補正と合わせて11億6550万3000円をそれぞれ計上している。土木関連では、7つの交通軸整備へ287億1420万3000円、災害に強い県土を築く防災・減災対策へ125億4715万円、八ッ場ダム関連事業へ91億2020万1000円をそれぞれ充てた。コンサル関連では、新規に群馬県民会館の大規模改修に向けた基本設計などへ1億2740万8000円を盛り込んだ。一般会計予算総額は7245億6300万円。うち、公共事業費には824億円を計上、16年度の836億円から12億円(1・4%)の減額となった。(5~3面に事業一覧) 続きを読む…この記事の続きを読む

サイト名: 日本工業経済新聞社

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *