アスカネットは17年4月期増収増益予想、ユニロボットとの資本業務提携も好感して急伸

アスカネット<2438>(東マ)は遺影写真加工や写真集制作関連を主力としている。新規事業の空中結像AIプレートについては海外市場も開拓する方針を打ち出している。また人工知能搭載のソーシャルロボット「unibo」を開発するユニロボットに出資して資本業務提携した。17年4月期はOEM供給の稼働率上昇も寄与して増収増益予想である。株価は安値圏モミ合いから上放れ、ユニロボットとの資本業務提携も好感して急伸している。なお3月8日に第3四半期累計業績発表を予定している。■写真加工関連を…..この記事の続きを読む

サイト名: 日本インタビュ新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *