東芝:米WHの法的整理、外交問題発展も


東芝が子会社のWHに米連邦破産法11条の適用申請を検討している背景には、米原発工事を巡って電力会社と締結した不利な契約を白紙に戻し、損失リスクを遮断する狙いがある。ただ、破産法申請にこぎ着けるかは見通せない状況だ。 WHはVCサマー原発で新鋭原子炉「AP1000」2基を建設中だが、工事遅延などで生じ…この記事の続きを読む

サイト名: 毎日jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *