広報・PR効果の指標化、いかに取り組むべきか?


ナタリー・ガーク氏は7カ月前、モバイルマネタイゼーション事業を展開する新興企業ボタン(Button)に移籍し、企業広報責任者に就任。その際、ボタンのCEOはガーク氏に、広報の成果を測定するのに、インプレッション以外のどんな方法を計画しているかと尋ねたという。同社の挑戦を足がかりに、PRの指標における現状を追う。
The post 広報・PR効果の指標化、いかに取り組むべきか? appeared first on DIGIDAY[日本版]….この記事の続きを読む

サイト名: DIGIDAY

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *