ゲームの発展・進化の歴史から「バイオハザード7」が全世界300万本達成レベルまで昇華できた理由をゲームアナリスト平林久和&映像のプロ勝田晃生が解き明かす


国内外で高評価を得て、さらにPlayStation VRにも対応し、登場から約2ヶ月が経過してなおその輝きを失わずにいる「バイオハザード7」について、これまでと何が違うのか?一体どのような点にこだわりが盛り込まれているのか?ということを専門家の視点から分析してみるということで、ゲームアナリストの平林久和氏と、TV番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」などを手がけた勝田晃生氏にいろいろ聞いて、語りまくってもらいました。続きを読む……この記事の続きを読む

サイト名: GIGAZINE

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *