JPホールディングスは自律調整一巡して戻り試す、18年3月期収益改善期待

JPホールディングス<2749>(東1)は保育所運営の最大手で、グループ力を活かした総合子育て支援カンパニーである。17年3月期は保育士待遇改善を先行して実施するため減益予想だが、待機児童解消政策が追い風となる事業環境に変化はなく、18年3月期は収益改善が期待される。中期的にも収益拡大基調だろう。株価は調整一巡して戻りを試す展開が期待される。■保育所運営の最大手、グループ力を活かした総合子育て支援カンパニー 総合子育て支援カンパニーの持株会社である。保育所・学童クラブ・児童..

サイト名: 日本インタビュ新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *