東芝:4事業の分社化決定 2万4000人が新会社に

東芝本体からの転籍は約2万人の見通し 経営再建中の東芝は24日、電力や社会インフラなど主要4事業を新会社に分社化すると正式発表した。グループ会社を含め社員計約2万4000人が各新会社に所属する見込みだ。東芝本体からの転籍は約2万人となる見通しで、処遇は当面維持する。分社後の東芝本体は持ち株会社に近い

サイト名: 毎日jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *