東芝半導体:「日米連合」買収額示さず 売却選定難航

経営再建中の東芝は19日、半導体メモリー事業の売却先を選ぶ2次入札を締め切った。米ファンドのベインキャピタルが応札する一方、官民ファンドの産業革新機構などによる「日米連合」は入札参加の意向を示したものの、金額などの条件は後日提示することにした。東芝は2次入札で売却先をある程度、絞り込みたい考えだった

サイト名: 毎日jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *