北朝鮮ミサイル「飛翔高度600キロメートル」 防衛相


稲田朋美防衛相は23日の閣議後の記者会見で、21日に北朝鮮が発射した弾道ミサイルに関し「飛翔(ひしょう)高度は約600キロメートル程度だった」と述べた。角度をつけて打ち上げる「ロフテッド軌道」にあたるかは明言しなかったが「通常より高い高度で飛翔した」と語った。発射方法については、発射管からいったんミ

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *