異例の紛糾、組織内の亀裂あらわに 日弁連定期総会


死刑制度の廃止などに関する予算措置をめぐり、異例の紛糾となった26日の日弁連の定期総会。昨年10月の「死刑廃止宣言」以降、強制加入団体である日弁連が意見を二分する問題で特定の立場を表明することへの是非が議論されてきたが、再び、組織内の亀裂があらわになった形だ。 「死刑制度を存置するか廃止するかは個々

サイト名: 産経ニュース

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *