シャッター街になっては… /東京

「お茶飲みパン工房 すずぱん」は多摩川沿いの青梅市長淵の住宅街の一角にある。 あるじの鈴木真由美さん(44)は昨年9月、子育てが一段落したのを機に起業した。子どもらと一緒に考えた店名には「お客さんと気軽に会話を楽しめる空間にしたい」という思いを込めた。 営業は火、木曜の週2日だが、4月に空き店舗の目

サイト名: 毎日新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *