東芝、米WDとトップ会談 膠着の半導体売却、事態打開へ


東芝が進める半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却を巡り、合弁相手の米ウエスタン・デジタル(WD)のスティーブ・ミリガン最高経営責任者(CEO)が9日、東京都内の東芝本社を訪れたことが分かった。両社の関係悪化を背景に売却交渉は膠着状態が続いており、東芝の綱川智社長とのトップ会談に臨み、事態を打開し

サイト名: 産経ニュース

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *