内科医、留学で起業の道へ~医療ベンチャー佐竹晃太さん(下)


医療アプリ開発ベンチャーとして注目を浴びる、キュア・アップ(東京都中央区)の佐竹晃太社長(34)が振り返る、母校、慶応義塾大学医学部の思い出。決して優等生ではなかったという佐竹氏。しかし、その後、経営学修士(MBA)留学などを経て起業し、医療ベンチャーの育成を目指す母校からも、応援される存在となった

サイト名: College Cafe by NIKKEI

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *