AIでユーザーのプロフィールや経歴から求人情報をレコメンドする『Glit』

AIでユーザーのプロフィールや経歴から求人情報をレコメンドする『Glit』を提供する松本直樹さんにインタビューしました。本インタビューの前後でSkyland Venturesと個人投資家1名より資金調達をされたということで、その詳細はぜひPediaさんで。

【編集部注】この記事はマッハ取材βで基礎取材したものを編集部が再構成したものです。

AIでユーザーのプロフィールや経歴から求人情報をレコメンドする『Glit』

おしん記者
なんとお呼びしましょうか?名前はなんておっしゃるんですか?
松本さん
松本直樹といいます。

松本直樹

株式会社Carat(カラット)代表取締役社長
2016年12月5日に創業 ( https://www.caratinc.jp )

▼略歴
・同志社大学商学部卒業 (2010年~2014年)
・株式会社SHIFT (2014年4月~2016年11月)
・株式会社Carat (2016年12月5日創業)

▼これまでの経歴
2014年に同志社大学を卒業し、ソフトウェアテスト事業を行うSHIFTに入社。
外資系大手SIer案件にてオフショアへのテストアウトソーシングのコンサルティングを行う。 新卒1年目から部署の立ち上げを行い、営業/顧客折衝/提案/プロジェクト管理/予算管理/採用と幅広い業務を経験後、 海外に設立した子会社の立ち上げ支援を行う。

おしん記者
どんな事業をやっているんですか?
松本さん
AIでユーザーのプロフィールや経歴から求人情報をレコメンドする『Glit』というアプリを開発しています。AIによりユーザーに合った企業・求人情報がレコメンド型で毎日10件配信され、Tinder形式のUIで”興味あり/なし”にスワイプするだけです。

さらに自分のプロフィールが企業側にもレコメンドされるので、どんな企業に興味を持ってもらえているのか、何社に興味を持ってもらえているのかと、自分の市場価値を測ることが可能です。

ユーザー・企業がともに”興味あり”になるとマッチングが成立し、メッセージでやり取りをすることが可能になります。

おしん記者
創業のきっかけはありますか?
松本さん
父親が小学1年生のときに亡くなったんです。最悪の場合、40代で自分も死ぬかもしれない、そう考えた時に、最終的に多くの人に認めてもらいたいと思い経営者になろうと決めました。
おしん記者
サービスの利用法を教えてください。
松本さん
Facebookアカウントでログインして頂き、自分のプロフィールや経歴を登録し、あとはレコメンドされる求人を待つだけ。Tinder形式のUIでレコメンドされる求人情報に”興味あり/なし”をスワイプするだけです。

TinderライクなUIで楽しく仕事探しができる

おしん記者
同じようなサービスとの違いはありますか?
松本さん
ビズリーチさんのキャリアトレックがあります。同じく求人情報のレコメンドなのですが、Glitは企業からの成果報酬モデルではないので求人情報の偏りが少ないです。さらにマッチングが成立した上でしかメッセージを送れないので、スカウトメッセージが来すぎてウザいなんてことはありません。笑
おしん記者
これからの目標を教えてください。
松本さん
2017年内にアクティブなユーザーを1,000人獲得したいと思っています。それと平行で求人情報を提供して頂ける企業様300社の獲得を目指しています。
まずはデータの量なども必要なので、アクティブなユーザーや企業を増やすために無料で提供していこうと考えています。

編集後記

TinderライクなUIと仕事探しの相性へのテストは当社もご多分にもれず行っているが、HR本丸の転職領域ではまだ大きなサービスは出てきていないのが現状。Yentaをそんな感じに使ってるエンジニアさんもいらっしゃるなか、松本さんのチャレンジは楽しみです。

スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *