すべての企業がアプリを持つ時代に突入-YappliとAppsFlyerが描くアプリ市場の近未来 [インタビュー]


p>通勤電車、待合室、果てはトイレや寝床まで、我々はあらゆる場所で絶えずスマホを操作するようになった。モバイル化が進んだ時代においては、アプリがウェブを凌駕するマーケティング・ツールとなり得るのか。アプリ運営プラットフォーム「Yappli (ヤプリ) 」の代表取締役である庵原保文氏と、SDK解析ツールプラットフォームを提供するイスラエルのベンチャー企業AppsFlyerの日本オフィスでカントリーマネージャーを務める大坪直哉氏に話を聞いた。
(聞き手:ExchangeWire Japan 長野雅俊)
アプリを使ったマーケティング現場の変容
― 自己紹介をお願いします。
庵原氏: 出版社を経てYahoo! Japanに入社し、様々なメディア系の企画業務に携わりました。そこでウェブのノウハウや知識を得た後に、別の会社に移ってウェブ・マーケティングを担当。その頃にYahoo! Japan時代の同僚だった他の2人と一緒にサラリーマン起業というか、夜中に作業を行なう日々を2年間続けて、Yappliを開発しました。App Storeが出来てまだ1、2年が経過したばかりの頃で、「これからモバイル・アプリの時代が来る」と信じて、アプリをものすごく簡単に制作できるツールを作りたいとの思いでYappliを開発し、起業しました。
大坪氏: 僕はOvertureへ入社してこの業界に入りました。同社はその後Yahoo! Japanの子会社になったので、私も1年ほど庵原さんと同じ企業に勤めていたことになります。それからいくつかの会社を挟んでCriteoに就職。当時から「これからはアプリだ!」と主張していたのですが、社内の熱はあまり上がらなかったので、アプリ専門の本格的なビジネスに関わろうと思い、AppsFlyerのジャパン・オフィス創設に携わったという次第です。
― Yappli社とAppsFlyer社の関係についてお聞かせください。
庵原氏: Yappliでは、簡単にアプリを制作・運営できるシステムを企業様向けに提供しています。通常であればアプリ開発に1年を費やすというのがザラですが、Yappliであれば制作期間は約1カ月と極めて短いです。デザインやレイアウトのパターンはほぼ無限にあり、システム上で約20個の機能を差し替えることでA/Bテストを実施できるというのが特徴です。

サイト名: Exchangewire Japan

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *