東芝 半導体子会社売却までのハードル

経営再建中の東芝は、半導体子会社の売却先として、政府が主導してまとめた日本とアメリカのファンドや韓国の半導体メーカーなどによるいわゆる“日米韓連合”と優先的に交渉を進めることを、21日に開いた取締役会で正式に決めました。東芝は、東京証券取引所の上場廃止の基準となる2期連続の債務超過を避けるため、売却

サイト名: NHKニュース - 経済

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *