東芝の半導体事業売却 国の手助けは合理的か

東芝は、経営再建のための半導体製造子会社の売却について、経済産業省主導の投資会社である産業革新機構が中心になった日米韓連合と、優先的に交渉すると決めた。 米原子力子会社の損失が招いた債務超過の穴埋め処理は事実上、国の働きかけと資金提供によってまとまる方向になった。 国の関与は「半導体事業の技術と雇用

サイト名: 毎日新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *