東芝と日米韓連合に「生き残りへの貪欲さ」が見えない理由 – 長内 厚のエレキの深層


東芝が産業革新機構、日本政策投資銀行、ベインキャピタル、韓国SKハイニックスによる「日米韓連合」と半導体事業の売却交渉開始を決定した。この交渉には、東芝の再生ストーリーは見えるだろうか。筆者にはそうは思えない。

サイト名: ダイヤモンド・オンライン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *