世界的なAIアクセラレーター「zeroth.ai」に「Foxsy」を運営するXpressoが採択

世界的なAIアクセラレーター「zeroth.ai」に「Foxsy」が採択された…!さっそくFoxsyを運営するJin本人にSlackを通じてインタビューした。


<Jinさんの略歴>

セブンイレブンのフランチャイズ店舗で店長を務めたのち、リクルートエアレジの北米展開を担当。AnyRoad (500 Startup出身のStartup)の日本市場展開を担当したのち、Xpresso, Incを創業、Foxsyをリリース。

世界的なAIアクセラレーター「zeroth.ai」に「Foxsy」を運営するXpressoが採択

当社が運営するAIアクセラレータの1期生出資第一号として「Foxsy」というサービスに出資したことは公開した通りだが、Foxsyを運営するXpressoが世界的なAIアクセラレーターzeroth.aiに採択された。zeroth.aiは香港に拠点を置く、世界初のAI特化型アクセラレーター。

AI特化型アクセラレータ「zeroth.ai」

AI領域に限らず、日本人が経営するスタートアップの海外アクセラレーター採択は、AnyParkなど少数の例があるだけだ。

「Foxsy」は友人マッチングサービス。Facebook、Viberのプラットフォーム上でサービスを展開、今年7月にはKikに進出、わずか半年強でユーザー数は数十万を数えるまでに成長している。

「Foxsy」は友人マッチングサービス

Xpressoは北米西海岸に本拠を構えているが、ファウンダーの田中仁さんは現在香港でzeroth.aiのプログラムに参加している。

Xpressoは本拠を西海岸におくスタートアップ。チームメンバーと左端がJin。

今回の採択についてSlackを通じてコメントを寄せてくれた。

Jinさんのコメント

Jinさん
今回のZeroth.aiへの参加に対しては、Foxsy team 全体としてA.I. Machine learning として何が出来るかを技術的にも世界のトップレベルの理解するのに絶好の機会になるかと考えています。

10月のデモデイに向けて、Tractionを更に伸ばして、新しいIntroduction エンジンとメッセンジャープラットフォーム上で色々な場面で人と人を繋げるようなサービスを育てていければと思います。

4月に行われた1期目のバッチではインド、ベトナム、台湾、オーストラリア、アメリカ、香港、シンガポールの10社が採択され、採択企業あたり2万ドルが投資された。今回の7月の2期目バッチでは1社投資額は12万ドルに、採択企業は20社まで増えている。

また本バッチではSlack分析のHR-Techサービス「A;」のLaboratikも採択されている。

Slack分析のHR-Techサービス「A;」の Laboratik

6月には人工知能スタートアップのシナモンCTO堀田さんがプログラムメンターとして就任するなど日本との関連が増えてきたzeroth.aiとJinさんのさらなる活躍が楽しみだ。

編集後記

おしん記者
コンビニ店長からの起業をスタートアップ俺の空と勝手に呼んでいる仁さんの第二章が始まったようです。ビッグニュースにもかかわらずいつものようにFacebookCallでコンタクトしてくれた仁さんは相変わらず自然体でした。続きが楽しみな起業家の物語です。第一章はこちらからどうぞ。

スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *