東芝メモリ売却 契約9月期限 東芝、交渉難航で窮地続く


東芝が平成29年3月期決算をようやく確定させた。上場廃止の危機はひとまず回避したが、窮地を脱したわけではない。来年3月末に負債が資産を上回る債務超過を解消できなければ、やはり上場廃止となる。債務超過を解消するには半導体子会社「東芝メモリ」を今年度中に売却する必要があるが、産業革新機構を軸とする「日米

サイト名: 産経ニュース

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *