インテージHDの第1四半期は、増収ながら投資先行により、営業利益は減益となるが、経常・純利益は前期を上回る

■今期は、次世代サービス開発を加速させるために、積極的な事業投資及びR&D活動を実行 インテージHD<4326>(東1)の第1四半期は、増収ながら投資先行により、営業利益は減益となるが、経常・純利益は前期を上回る。 今期第1四半期連結業績は、売上高104億36百万円(前年同期比5.9%増)、営業利益3億70百万円(同24.8%減)、経常利益5億72百万円(同18.9%増)、純利益3億95百万円(同28.6%増)となった。 当社グループは、当連結会計年度からスタートした第12次..

サイト名: 日本インタビュ新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *