大同特殊鋼、車・航空機…中核に存在感(ナゴヤが生んだ名企業)


江戸時代の「清洲越(きよすごし)」を基点に広がったナゴヤ経済圏。明治期に入ると個性的な起業家や財界人らが活躍し、ものづくり王国の礎を築いていった。こうした流れに連なる企業は老舗の伝統を今に受け継ぎつつ、大きく変化する時代やニーズにしなやかに対応して存在感を示している。■耐熱性武器に顧客仕様 中部国際

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *