東芝:売却契約を締結 半導体子会社、日米韓連合と

経営再建中の東芝は28日、半導体メモリー子会社「東芝メモリ」について、米ファンドのベインキャピタルが主導し、韓国の半導体大手SKハイニックスが参加する「日米韓連合」に売却する契約を結んだ。20日の取締役会で売却を決議し、両者で詰めの協議を行っていた。来年3月末までに売却を完了させ債務超過の解消を目指

サイト名: 毎日jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *