産業革新機構 東芝半導体子会社への出資は係争終了後に

東芝が、経営の再建に向け半導体子会社をアメリカの投資ファンドを中心とする“日米韓連合”へ売却する契約を結んだことに関連し、産業革新機構の志賀俊之会長は記者団に対し、将来の出資は、アメリカのウエスタンデジタルとの対立の解消が前提だという認識を改めて示しました。

サイト名: NHKニュース - 経済

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *