生理の仕事から精子のビジネスへ 男性の私が「タブー」に切り込む理由


「変わっているね」「なんでそんなこと始めたの?」私は、人に「ドン引きされる」ことが昔から好きでした。常識的には考えられないようなアイデアでみんなを驚かす。それがやめられなくて、今の自分がいると言っても過言ではありません。そんな私は、現在リクルートで「精子に関するビジネス」に取り組んでいます。スマホで精子の状態をセルフチェックできる『Seem(シーム)』というサービスです。開発の背景は不妊の増加です。日本では5.5組に1組のカップルが不妊に悩んでいますが、多くのケースでは始めに女性だけが行動を起こし、男性の参加はその1、2年後ということも少なくありません。しかし、WHOの調査では不妊の原因の約半分は男性にあることがわかっています。なかなか自分ゴト化できずに言い訳をしてしまう男性の意識と行動を変えるため、自宅で手軽に使えるセルフチェックサービスが必要でした。なぜ、私がそのサービスを考えたかというと、女性だけががんばっている現在の妊活や不妊治療の在り方を変えたいと思ったからです。男性は妊活や妊娠を女性任せにしてしまいがちですが、大切なパートナーのために、まずは男性から行動を起こすことが常識だという世界を作りたいと考えています。2016年4月にサービスを発表し、その後グッドデザイン賞の特別賞やジャパン・ヘルスケアビジネスコンテストでの優秀賞を受賞、今年の「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」では日本初となるモバイル部門でのグランプリを獲得。「男性も、まずは知るところから始めよう」という『Seem』のコンセプトが世界でも通用することを証明できました。開発の背景 -生理から精子へ-リクルートに入社する前、前職では「ルナルナ」という女性の健康管理サービスの開発ディレクションやプロモーションを担当していました。「ルナルナ」は女性が自分の生理日を入力・記録し次の生理日を予測できるサービスです。事業部はメンバーが十数名いたのですが、配属当時男性は私一人で、上司や先輩は全員女性という環境でした。サービスの開発にはユーザーの視点に立って考えることが重要なのですが、男性の私にはどう頑張っても生理は来ません。PMSなど、女性特有の心と体の変化も無いため、ユーザーの気持ちを本当の意味で理解することはできません。一ヶ月ほど基礎体温を測ってみたのですが、分か

サイト名: The Huffington Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *