最古のテクノロジー「石器」と「人類とチンパンジーの比較」が示すピープル・イノベーション


連載の第一回となった前回は、テクノロジーの進化により、イノベーションを生み出す人や組織の重要性の認識が世界的に高まり、あらためて「働く人の仕事に対する情熱」が注目されていることを共有した。しかし、本当に仕事に情熱を取り戻し、イノベーションを生み出す人と組織を育もうと考えるならば、我々はもう何段か、人と組織とイノベーションの関係を深掘ることが必要だ。そこで、第二回は「そもそもイノベーションとはどういった現象であるのか」「イノベーションは我々にとってどういった意味があるのか」について、人類誕生の歴史からイノベーションの出発点に遡って考えてみたいと思う。遡る先は、人間が生み出した最古のテクノロジーである「石器」についてである。

サイト名: BizZine

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *