【地方で生きる】被災地で起業する(3)首都圏の若者が地域を元気に


岩手県釜石市の特産品でありながら、長期保存に向かないことから市場に出回ることが少なく“幻の柿”と呼ばれる「甲子柿(かっしがき)」。最盛期に約80人いた生産者も、今では高齢化が進み、20人を切るまでになりました。そんな甲子柿を守りたいと、平成27年に行政や生産組合などが一体となり「釜石市甲子地区活性化

サイト名: 産経ニュース

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *