グーグル、米ミズーリ州が反トラスト法などで調査開始

【シリコンバレー=中西豊紀】米中西部ミズーリ州の司法長官は13日、グーグルが同州が定める消費者保護ルールや反トラスト法に違反していないかについて、調査を始めたと発表した。グーグルに対しては6月に欧州委員会が競争法違反で巨額の制裁金を科している。同様の動きが米国にも波及した形で、同社を含めた大手IT(

サイト名: 日本経済新聞

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *