低金利、異業種参入、金融規制強化…立ちはだかる三大脅威 大手銀の伝統的ビジネスモデル限界


メガバンクが構造改革に踏み切るのは、今後、一層の経営環境の悪化が予想されるからだ。低金利下で利ざやが稼げず、銀行が独占してきた送金や決済の分野には異業種が参入、その一方で国際金融規制は強まる方向だ。北海道拓殖銀行と山一証券が破綻した平成9年11月の金融危機からちょうど20年、銀行は今、転換期を迎えて

サイト名: 産経ニュース

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *