エウレカマフィア庄田氏率いる「HERP」は採用担当の事務作業を自動化する

庄田一郎

AIリクルーティングプラットフォーム「HERP」および、採用コンサルティングサービスを提供するHERPの代表取締役CEO。新卒で入社したリクルートで「SUUMO」の営業と新卒のエンジニア採用に従事したのち、恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」とカップル向けコミュニケーションアプリ「Couples」を開発・運営するエウレカで採用広報責任者を務めた。その後、Couplesのプロダクトオーナーを経験し、2017年3月にHERPを創業。

採用担当アシスタントの事務作業をすべて自動化する

スタートアップから生まれるスタートアップは「〇〇マフィア」と呼ばれ、このサイトでも「レアジョブ」や「キャンドル」などを紹介してきた。

その中で新たなマフィアの誕生を予感させるのが、エウレカ卒業生スタートアップの「HERP」だ。エウレカ卒業生の庄田さんが経営する「HERP」は、すでにエウレカ共同創業者の赤坂優さんと西川順さんから第三者割当増資を受けている。

採用における事務作業をすべて自動化するサービスを開発しています。採用領域に特化してRPAを進めていきたいと考えています。

AIリクルーティングプラットフォーム ハープ

なぜRPAから始まったのか。

採用媒体の多くはAPIを公開しておらず、媒体の管理画面からATS(採用管理システム)への候補者情報のコピペ(コピー&ペースト)で成り立っています。しかし、このコピペ作業がある限り、データの正確性を担保することは困難であると考えています。

そこで、それらの手入力作業をすべて自動化することで、データの正確性を担保するだけでなく、採用に関連するあらゆるデータ解析の精度向上を目指してHERPを開発してきました。

候補者情報の一元管理・自動連携をすることで、コストをかけずに正確な現状を把握することができます。UI/UXにおいても、私自身がリクルートおよびエウレカで経験してきた採用実務が抱える課題感をベースに設計しています。これらのポイントがHERPのサービス特長であり、ほかにはない強みです。

このような利用シーンに着目しているのはなぜか。

前提として、採用活動にはマーケティング観点が必須であると考えています。なぜなら、採用もアプリ・Webの新規獲得と同じく、チャネルの最適化を通じた、獲得効率の最大化を考えるべきだからです。

しかし一方で、採用媒体では求人票のPV・CTR・エントリーCVRなどのデータを取ることができない場合が多い。PV/UUなどのデータ持っている構造は変わらないため、自社の採用に最適なチャネルを採用担当者自身が選択できるようにしたいという思いのもと、HERPの開発に取り組んでいます。

求人媒体と情報を自動で連携しているため、個別の媒体チェックなどのタスクが不要。

たしかに、APIが公開されていない業界の中でも人材系は大きなマーケットの一つだ。

採用業務に携わる中で、必須なツールであると感じた

なぜこのようなサービスを始めたのだろう。

リクルートでは新卒エンジニアの採用、エウレカでは中途・新卒の採用を担当してきたのですが、本当に事務作業が多かったんです。なんとか工夫して、事務作業を自動化するなどして効率性を上げたいなと思っても、それを解決してくれるようなサービスはなく、結局、自分自身の工数を割くか、そのためのアシスタントを採用することで対処するしかありませんでした。そういった経験を重ねるうちに、実際に採用担当として課題を経験している自分が作るべきサービスなのかもしれない、と考えるようになったのがきっかけです。

エウレカは「Pairs」「Couples」などを展開する企業

もうひとつ理由があるそうだ。

自分で0からビジネスをやりたいと学生時代時代から漠然と思っていました。まずは、会社員として社会経験を積みながら「これだ」と感じられる事業領域を探しつつ、タイミングを見計らっていたというのもあります。それを最後に後押ししてくれたのがエウレカの経営メンバーでした。

エウレカの後押しと自分自身のキャリアが重なった起業だった。

データ活用で、採用担当者が本来取り組むべきことに集中できるようにしたい

将来を聞いた。

採用関連のデータを用いて、採用担当者が本来取り組むべきものと、そうでないものを明確に判別できるようにしていきたいと考えています。

まずは事務作業を採用担当者がやらなくてもいい状態を作りたいですね。そして、採用に関連するデータを一つのサービスに集約し、一括管理できるようにしたい。

それができると現状の可視化によって、精度の高いデータ分析・活用ができるうえに、各チャネルの投資対効果をもとに最適なチャネルの提案や、人材要件の類推までできるようになる見込みです。さらに事務作業が削られることで生まれる時間で新たな意思決定をしたり、コミュニケーションを通じて候補者をアトラクトしたり、といったより採用結果に直結する本来人間が取り組むべき業務に集中できるようになります。

HERPは事務作業の時間を50%以下にすることを狙っている

庄田さんはその先も見据えているようだ。

中立な立場だからこそできることをやっていきたいです。例えば、弊社が持つ統計データの提供や、長期的な視点では候補者の方が最適な企業選びをできようサポートしていきたいと考えています。

AIリクルーティングプラットフォームを目指す

まだ構想はATSから始まったばかり。AIリクルーティングプラットフォームとして、主要な採用業務を自動化するプロダクトを提供する構想だ。

編集後記

取材担当進藤
おもしろそうなサービスだな、と感じて直接コンタクト、即取材となりました。〇〇マフィア、引き続き取材していきます!

スタートアップタイムズでも起業家のPR支援として取材を行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

15分で取材完了。簡易取材サービスでPRしませんか?


日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *